こんにちは!岐阜県海津市に本社を構え、東海地区で自動車内装の部品輸送を行っている南濃運送合資会社です。
トラックドライバーとして常にプロ意識を持ち、お客さまの笑顔のために、品物だけでなく信頼も一緒にお届けできるよう、高品質なサービスをご提供しております。
運送業で働くためには、トラックの運転が必要不可欠です。
中型のトラックでも、普通自動車とは車体の大きさなどに違いがあり、運転が難しそうですよね。
今回は、トラックの運転についてご紹介します。

普通自動車とトラックの運転の違い


まずトラックの運転席では、普通自動車との視界の違いに驚きます。
ハンドルの大きさや、サイドミラーの存在感、後ろの荷台によって塞がれた後方の視界など、戸惑うポイントは多いでしょう。
車で左折する際、後輪が前輪より小回りになる内輪差という現象が発生します。
トラックは死角も多く、車体が長いため、普通自動車を運転する以上に気を付けなければなりません。
またトラックのエンジンは、普通自動車のように加速できません。
車の大きさだけではなく、エンジンや制御装置などにも慣れる必要があるのです。

経験を積むことが大切

トラックの運転は、みんな最初から自由自在というわけではありません。
免許を取得するときの講習はもちろんですが、実際に仕事でトラックを運転して経験を積むことが大切です。
最近の普通自動車はATが主流ですが、トラックではシフトチェンジを行うMTが主流です。
普通自動車のMTと比べて、トラックのシフトチェンジは早めにするのが運転上達のコツです。
このような経験も、実際に経験を積んで感覚をつかんでいくことが必要です。

一人前のトラック運転手に必要なこと

トラックの運転の経験を積み、慣れてくると、気が緩んでしまいがちです。
そこで交通事故など起こしてしまうと、お客さまの大切な荷物を破損してしまうかもしれません。
運送会社として、お客さまの信頼なしに仕事はできません。
十分な経験を積んだとしても、初心を忘れず、速度超過や安全確認を怠らないことが、一人前のトラック運転手に必要な心得です。

【求人】南濃運送では新規スタッフを募集中!


弊社は岐阜県に拠点を置き、三重県桑名市をはじめとした東海地区で活動しています。
弊社では4トントラックや中型トラックのドライバーを募集しております。
経験・未経験や性別などは一切問いません!
未経験の方には、先輩ドライバーが丁寧に指導いたします。
手積みの作業はほとんどありませんので、力に自信がない方や女性も活躍できる職場です。
運転が好きな方やご興味のある方のご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


南濃運送合資会社
〒503-0531 岐阜県海津市南濃町安江1460
TEL:0584-58-0086    FAX:0584-58-0087
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする